ラメズで抑える、てんかん

ラメズが効く疾患とは

ラメズとはてんかん発作を抑える作用を持つ薬です。ラモトリギンを主成分としており、ラミクタールのジェネリック医薬品であるため、価格が安いのも特徴のひとつです。てんかんによる痙攣を抑制したり、意識障害を伴うてんかんの治療にも用いられますが、躁うつの治療にも効果があります。てんかんとは発作を繰り返す脳の病気で、年齢や性別や人種に関係なく発症します。WHOの定義によると「脳の慢性疾患」というものです。脳内の電気信号を送る細胞が、異常に興奮するために起こる発作で、突然意識を失ったり全身が痙攣を起こしたりします。てんかんは脳の大部分が興奮することで起こる全般発作と、脳の一部分が興奮することで起こる部分発作に分けられますが、全般発作か部分発作かによってそれぞれ症状も少しずつ違います。また、てんかんは様々な精神疾患の合併症を発症する確率が高い病気でもあります。例えば、知的障害・性格変化・感情障害・行動障害・精神症様状態などの合併症です。しかし、ラメズを服用することによって、これらを抑制することが可能になります。というのも、主に神経細胞であるニューロンの活動を抑えることで、てんかん発作に繋がる興奮状態を抑えてくれる働きがあるのです。つまり、脳神経の興奮を抑える働きを利用して、全般発作や部分発作を引き起こすのを防ぐというわけです。ただし、ラメズには副作用も存在しています。めまいや眠気や頭痛や発疹や注意力の低下などの副作用を引き起こすので、服用の際には注意が必要です。特に、服用後の車の運転は危険なので避けた方が良いでしょう。しかし、ラメズを服用すると、てんかんによる発作や精神疾患に確かな効果を発揮するので、早期に服用するようにしましょう。

ラメズの使用の自己判断の是非

ラメズは有効成分のラモトリギンを配合した抗てんかん薬で、ラミクタールのジェネリック医薬品となります。インドの製薬会社が製造、販売を行うことから安全性は問題なく、安く購入して使用することができます。血中半減期が31~38時間と長いのが特徴的で、部分発作と全般発作のほとんどに適応し、その中でもレノックス・ガストー症候群に対しても適応するのが使用する点においてのメリットとなります。単独で使用することもありますが、ほとんどは他の抗てんかん薬と併用して更なるてんかん発作の予防することに用いられています。更に過剰な興奮を抑える働きがあることから、躁病や躁うつ病の気分が落ち着かない症状にも有効的で、双極性障害も適応症となることから予防に使用されています。ラメズはラミクタールと同じ有効成分を使用して異なる製造方法で作られたジェネリックとなるため、非常に安価で提供されていますが、問題は日本では認可されておらず、病院では処方されない医薬品となることです。購入は個人輸入での取り寄せとなるため、処方箋などは不要ですが、医師の保証がなく、全てが自己責任での服用になります。どんな医薬品でも同じ事が言えるのですが、自己判断によって服用すると思わぬ副作用が発生したり、過剰摂取によって効果が強く作用することがあります。処方箋が必要となる医薬品は、取り扱いを間違えると命に関わることもあるため、ラメズの個人輸入での購入は違法とはなりませんが、安易な使用は控えるようにしましょう。医薬品を安く購入して使用したいのであれば、必ず医師に相談して、用法用量を確認してから飲むようにしなくてはいけません。個人輸入は保証がなく、問題が起こっても誰も助けてはくれないので、使用は慎重に行わなければいけないのです。

ラメズが効かない場合は

ラメズといった抗てんかん薬は、てんかんによる発作を抑制する効果があります。てんかん患者の70%は薬の服用で発作が突発的に起こることはありませんが、ラメズを飲んでも発作をコントロールできない人もいます。ラメズにもう一つ抗てんかん薬を加えて治療しますが、それでも発作を抑制できないものを薬剤抵抗性てんかんと呼び、てんかん患者の30%がこれに該当します。特に子供は抗てんかん薬を色々と試すうちに発作によって脳の機能が低下する可能性があるので、手術をして治療します。手術では発作を起こす脳領域やその周囲を切除します。また発作の時の脳波が拡大するのを防ぐために、左右の大脳の橋渡しを行っている脳梁を切断する緩和手術を行う場合もあります。側頭葉てんかんの場合は手術によって発作が消えることが多く、それ以外では効果は50%以下と厳しいです。側頭葉てんかんは発作さえなければ健康な人と同じように充実した社会生活を送れることがほとんどなので、ラメズによる治療よりも回復しやすいです。側頭葉てんかんでは思春期を過ぎてから症状が重くなり、精神状態にも悪影響を与えるので大きな後遺症も残らないため手術が選ばれます。手術では皮膚を切開するために髪の毛を1cm角に短く切りますが、それ以外は断髪しないで手術翌日から洗髪も可能なので、見た目の変化はありません。ラメズや他の抗てんかん薬が効かなくて、外科手術も後遺症の問題などで行えない時は迷走神経刺激療法をします。頚部の迷走神経を間欠的に刺激すると、あらゆる種類の発作を抑制することがあります。50%以上の患者が効果を実感し、治療によって悪化することはないので試す患者が多いです。