ラメズで抑える、てんかん

ラメズはニュースになった中枢神経へ作用の薬と同成分

ラミクタールのジェネリック医薬品であるラメズはインドの会社によって開発された医薬品です。ラモトリギンを有効成分として使用していることからその信頼性や有効性においてはラメズはラミクタールと同程度であると期待することができるものであり、安価に入手できることから注目を浴びています。ラモトリギンは躁うつ病の治療やてんかんの発作予防に有効であるとされる成分であり、中枢神経系に抑制的な作用を及ぼします。ナトリウムチャネル阻害薬に分類されるものであり、神経が情報を伝えるために必要になるナトリウムチャネルの機能を低下させることによって神経活動を抑制数rことができるのが躁うつ病の治療やてんかんの発作予防に役に立つとされています。しかし、ラミクタールはニュースでもなるほどの話題が二つあります。一つは有効性の広さであり、ほとんどの種類の躁うつ病やてんかんに対して有効性を示すことから高い期待が持てる治療薬であるということです。もう一つはニュースで取り上げられて大きな問題となったものであり、死亡事故も発生しているということです。死亡の原因は医師の指示に従わずに誤った用法や用量でラミクタールを使用してしまったということですが、中枢神経系に作用する薬であるからこそ誤用をしてしまうと命のリスクすらあるということは理解しなければならないことです。同じ成分を含むことから、同様のリスクがラメズにもあるのは明らかです。現在はジェネリック医薬品とはいっても国内流通はしていないため、ラメズを使用したい場合には個人輸入して使用することになります。それによって自分に適切でない用法や用量で使用してしまうリスクがあることは理解しなければならないことでしょう。