ラメズで抑える、てんかん

ラメズは新薬と同様にてんかん発作に効果あり

ラメズは抗てんかん薬のひとつです。てんかん発作は、脳内の電気信号を送っている細胞が異常に興奮することで引き起こされるもので、脳疾患のひとつに位置づけられています。しかし、てんかん発作には二種類の発作があり、脳の大部分が興奮する全体発作か、それとも脳の一部分が興奮する部分発作かによっても症状は変わります。てんかんによる脳疾患が進み、長時間てんかん発作が続くようになると死の危険もあるので、早めの治療が必要です。ラメズは1990年にアイルランドで誕生した薬で、各国で既に処方されているという実績があります。ラメズの主成分であるラモトリギンという成分は、現在広く服用されている新薬のラミクタールと同様のものであるため、同様の効果が期待されていますが、ジェネリック医薬品であるため価格は安くて済みます。ジェネリック医薬品は、新薬と成分が同じで効果も原則としてほとんど変わりませんが、新薬の特許が切れた後発品であることから、特許料を支払わなくていい分、価格も安く抑えることが可能なのです。ラメズには、てんかんなどの痙攣を抑制する効果があるほか、双極性障害の症状を抑制する効果もあります。ラメズは興奮させる働きを持つイオンであるNa+に作用します。それによっててんかん発作を抑制して、脳疾患による症状を抑えることが出来るというわけです。ラメズには、めまいや湿疹や意識がぼんやりするなどの副作用が存在しますが、これは、新薬のラミクタールにも同様にみられる症状ですし、てんかんの症状よりは安全性が高くなります。ただし、服用後の運転は避けることと、医師の決めた用法・用量はきちんと守ることの二つには充分注意してください。