ラメズで抑える、てんかん

泡をふく発作があるてんかんとラメズとタイミング

てんかんというと、手足がけいれんして意識をなくし、口から泡をふく発作で知られています。
てんかんの原因は様々で、脳出血や脳腫瘍などの原因により起こるてんかんもあります。
てんかんは、脳内の神経細胞の電気的な興奮によって発作的に起こる脳の病気です。
けいれんや脱力、記憶障害などの症状が出て、発作が脳全体に広がると、意識を失います。
発作は、数秒から数分程度続き、発作が回復すれば普通の生活に戻ることができます。
発作が5分以上続く場合は、すぐに病院に行った方がいいです。
検査は、脳波検査、CT検査、MRI検査などがあります。
てんかんの治療は、薬物治療が中心となります。
適切な薬を、適切なタイミングで服用することが大事です。
てんかんは、適切な治療を受ければ、普通に生活することが可能です。
ただ、患者の中には、発作が抑えられずに難治性てんかんになる人もいます。
難治性てんかんは、脳機能障害を伴うことが多く、特に小児の場合、脳の発達にかなりの影響が出ます。
難治性てんかんの場合、外科治療を行うケースもあります。
最近では、外科治療の安全性が向上し、てんかん治療のひとつとして認識されつつあります。
抗てんかん薬の中には、ラメズなどのジェネリック医薬品もあります。
ジェネリック医薬品は、価格が安いので人気があります。
ラメズは、1日1回、決められた量を服用します。
2週間服用して症状が改善しない場合は、徐々に服用する量を増やしていきます。
ラメズは、インドの製薬会社で製造されています。
ラメズは、てんかんだけでなく、双極性障害の様々な症状に対しても効果が期待できます。
ラメズを服用して体の不調を感じた場合は、すぐに使用を中止して医師に診てもらった方がいいです。