ラメズで抑える、てんかん

逆ギレして無理を言う人とラメズについて

日本は、ストレス社会であり、精神疾患を抱えている人が多いです。
特に、最近は若い世代で精神を病む人が増えています。
双極性障害は、躁うつ病とも呼ばれますが、テンションが高い躁状態の時と、うつ状態を繰り返すのが特徴となっています。
イライラして無理を言ったり、突然逆ギレしたりする人も少なくないです。
双極性障害は、正しい診断を受けることが重要です。
そして、できるだけ早く専門家に相談し、治療を受けることが大事です。
日本は、てんかんの症状に悩む人が多い国です。
てんかんは、慢性の脳疾患で、大脳のニューロンの過剰な発射による発作が特徴です。
大脳のニューロンは、普段は正しく調和も保って活動していますが、この活動が何らかの理由により乱れてしまうことがあります。
すると、電気的な乱れが生じ、てんかんの発作が起こります。
てんかんの発作は、多くの場合、繰り返し起こります。
てんかんは、症候性てんかんと特発性てんかんに分けることができます。
症候性てんかんは、脳の傷や障害によって起こるてんかんです。
特発性てんかんは、検査をしても異常が発見されない原因不明のてんかんです。
てんかんは、発症率が100人に1人と言われています。
現在では、適切な治療をすればコントロールが可能で、多くの患者が普通に生活しています。
ただ、薬を服用しても、発作をコントロールできない難治性てんかんの患者も2割ほどいます。
ラメズは、ジェネリック医薬品で、てんかんの発作を抑えます。
特に、部分発作に対して高い効果が期待できます。
また、双極性障害に対しても使われています。
ラメズは、気分が上がったり下がったりする症状を抑えて、双極性障害の再発防止にも役立ちます。